持てる技術を込めて作業しています

磨きの技術を確認するには、ソリッドの黒を磨くのが一番

ポリッシュでとれる傷はどれくらいか。(深く磨くと下地が出てしまいます。塗装状態を的確に把握して作業ができる高い技術が必要です。)

また、いかに磨き傷をつけないで光沢を出すか。(業界用語でバフ目を付けないで磨く。この作業は磨き屋が一生目指す課題です。)

その他にもまだまだ、チェック項目がありますが

とにかく磨き屋としては、黒を磨いて一人前なのです。

写真は、若手のホープが今持っている技術を出し切って磨いた10年以上経過したボンネットです。

左が磨く前、右が作業後 ・・・・・・ 皆さんの評価は、いかがでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です